JA長野県

毎週更新!

  • 農畜産物

みんな見えますか、サクランボの季節だよ!

sakuranbo_top.jpg

真っ赤に色づいた鈴なりのサクランボの収穫に、まさに今、忙しいさなかにあるのは、県内でもトップをきって生産がスタートした長野県北部の中野市にあるJA中野市。今年も長野県にサクランボのシーズンがやってきましたよーっ!

今年は3月の天気が優れず、色づきが遅くなったことから、収穫は昨年より5日ほど遅いスタートでした。しかしそれも今ではすっかり美味しそうに色づいて、もちろん味ののりも十分です。

だからもし、この記事のせいで『サクランボが食べたいなぁ』と、あなたが感じたならば、本能が欲するその声をちゃんとキャッチして、どうぞ今しか食べられない味覚をしっかり堪能してくださいね。

今回訪れたハウスの園主である田中義博(たなかよしひろ)さんは、JA中野市サクランボ部会の部会長さん。現在は、高砂(たかさご)と、香夏錦(こうかにしき)というサクランボを収穫している真っ最中でした。

tanakasann.jpg

扉の向こう側は夢の国
ハウスの扉を開けた瞬間、目に飛び込んできたのは、もうハウスいっぱいに無数の赤い実が散りばめられた、くらくらするような光景で、思わずわれを忘れてサクランボたちのもとへ駆け寄りたい気持ちにさせられました。それはまるで童心に返って、お菓子で出来た家を見て、心ときめかせる気持ちと似ているかもしれません。

このサクランボもあのサクランボも目に映るサクランボはどれもみんな美味しそうで、目移りしてしまいます。ツヤツヤと輝くその果実をそっと口に入れて、軽く歯を立てれば、プチッツと薄い皮が弾けてあの特有の甘酸っぱい果汁がじゅわぁ〜と広がり、一粒で既に贅沢な気分の入り口へと連れて行ってくれるのです。

これから7月までがシーズン
中野市は県内でも寒さが厳しく、比較的雪の多い場所ですが、そのためハウスの中で暖房をたいて、冬の寒い時期から温度調節を行いながらの加温栽培を行なう農家が現在53件。結果3月中旬から出荷がはじまり、初夏の味覚であるサクランボがすでに口にできるというわけ。

また栽培方法も時期によって変えながら、加温の後は天井だけをシートで覆う雨よけ栽培、露地栽培と手段を変えて、また収穫時期も農家によってずらしながら栽培を調整し、JA中野市としては、これから7月上旬くらいまでサクランボを楽しむことができます。

sakurannbo2.jpg

どれを食べてもおいしい
このハウス栽培による味の特徴を田中さんにうかがえば、

「十分陽に当てて育てるから糖度も高く、色もしっかりと良くついて、美味しそうでしょ。ハウスは温度が安定しているからどれを食べても間違いなく美味しいんです」

と嬉しい答え。

そんなおいしいタイミングを逃さず食べてもらえるよう、10アールものハウスに植わるサクランボを田中さんは2週間程で収穫する予定だそうで、「2週間でなんて、こんなに獲りきれないよ」という田中さんのつぶやきを最初は、今年もたくさん収穫できる喜びの声と思って聞いていましたが、話を聞いていると、それが実際の悲鳴であることに気づきました。

とにかく今が一番いそがしい
なぜなら一番美味しいものを美味しいときに届けるため、今田中さんは毎朝5時半から収穫を行い、夜は遅くまで荷造りの作業に追われているのです。もっともこの時期は近所の人4〜6人にも来てもらって作業のお手伝いをしてもらうそうですが、それでもかなりの忙しさ。少しでも多くの人に食べてもらいたいため、睡眠時間を削った生活が続くのです。

「安心して食べられるように栽培したサクランボをもっとたくさん食べてほしい」

それが田中さんの願いです。しかもさらに、このあとには、紅秀峰(べにしゅうほう)、佐藤錦(さとうにしき)も収穫を控えているのです。

jyufunn4.jpg

となりのハウスは春まっさかり
春の訪れが遅い北信濃では、桜の花が咲くまでにまだもう少し時間がありましたが、訪れたもう1件のハウスのなかは春爛漫、まさに満開のサクランボの花のお花見ができてしまいました。

この満開の花からおよそ50日後には、白い花が真っ赤なルビーへと形を変えるというのですから、すでにもうその収穫が待ち遠しく思えます。ちょうどこの日は授粉作業を行っているところでした。

jyufunn5.jpg

蜂の手も借りて授粉作業に大わらわ
高いところの花にまで『ちゃんとおいしいサクランボができますように』とのお母さんたちの願いを込めた授粉作業ですが、こうも花が多いとその作業も大変で大変で、目を放した隙に『あれ、どこまでやったんだっけ』なんて声も聞こえましたが、ハウスの中では、蜂たちも一緒に作業のお手伝いをしてくれていました。

hathi6.jpg

サクランボ狩りにいらっしゃい
JA中野市では5月の母の日以降7月上旬まで、サクランボ狩りが行われますから、是非その際には心ゆくまでサクランボを味わってください。サクランボ狩りのお申し込みお問い合わせは、下記の農産物産館「オランチェ」まで。またJA中野市のサクランボは、JAタウン「全農長野 僕らはおいしい応援団」でも、4月28日からの週にプレゼントを予定していますので、思いを焦がしてお待ちください!


さくらんぼ狩りにアクセス:

JA中野市 農産物産館 オランチェ

〒383−0053
長野県中野市草間1543−5
TEL 0269−23−5595
FAX 0269−23−5599 
ウェブサイト http://www.nakanoshi.com/oranche.htm

農畜産物の最新ニュース

一覧を見る

メールマガジンのお申込み

毎週1回、メルマガでアップデートのお知らせや楽しいニュースをお届けします。購読無料。

お申込みはこちら