JA長野県

毎週更新!

体に良く効く「えのき氷」はこうやって作る

enoki2.jpg

エノキタケ、ご存じですよね。あなたはどうやって召しあがりますか? 信州の特産だけあって、エノキタケは信州人の食卓には常連です。朝の味噌汁に入れたり、大根おろしとあえたり、天ぷら、鍋、煮物、野菜と炒めたり、炊き込みご飯にしたりと、本当にいろいろ楽しんでいます。なにはなくともエノキタケで、エノキタケを食べることは信州に生まれた幸せを感じるひとつの触媒です。主役だけでなく、主役をもひきたててくれるのが、このエノキタケの良さでしょうか。

ところで毎日きのこのパワーを手軽に摂取できる「えのき氷」というのがあるのですが、聞いたことあります? 「えのき氷」は、エノキタケをトッピングしたかき氷なんかじゃあありません。便秘で悩んでいる方、最近コレステロールが高くってと悩んでいるみなさん。「信州きのこマイスター」の方が言っていることを、よーく聞いてください。「とにかくお通じがよくなって便秘に悩んでいたことが嘘のようになる」のです。「なになに?ちょっと聞いてみたい」って気になるでしょ?

enokigoori.jpg

まずは「えのき氷」の説明から(写真)。実は一部でいまブームになっています。これは、簡単に言えば「エノキタケをミキサーでペースト状にして煮出して凍らせたもの」です。長期保存ができ「だし」としても使えます。どんな料理の中にでも簡単に入れられるので、楽々毎日の食事に取り入れられるのです。家庭で作れますから、みなさんも作ってみませんか? 「毎日エノキタケを食べるのなんて無理無理」と言っているあなたこそ必見です。今回は「えのき氷の作り方」を指南していただくことにしました。

それは長野県中野市で生まれました
キノコといえば、生産量日本一の長野県中野市。中野市は当然エノキタケの生産量も日本一。そこでは他にもぶなしめじ、エリンギ、なめこと多種にわたり栽培されています。地域をあげてきのこの産地をPRし、マイコファジスト(菌食主義者)の輪を広げようという運動もはじまりました。JA中野市のホームページをチェックすると「きのこ食歩きMAP」では市内のきのこを使ったお店を紹介、また「かんたんクッキング」はエノキタケ、やまびこしめじ、エリンギ、ナメコ、バイリングを使った料理のレシピを豊富に紹介していますので、是非ご覧ください。

atoukumiaicyou1.jpg
製氷皿に入れて使いやすく小分けした「えのき氷」

今日ご紹介する「えのき氷」を考えたのが、きのことともに人生を送ってきたJA中野市の阿藤博文(あとうひろふみ)代表理事組合長です。平成20年5月から「えのき氷」を本格的につくりはじめました。18歳で父の後を引き継ぎ、えのき栽培をはじめてもうなんと40年以上になる、エノキタケの化身のような人です。

エノキは毎日摂取するに限る
エノキは昔から体にいいと言われ続けてきました。実際に「毎日摂取していれば血液中の総コレステロールや中性脂肪の数値が減り、生活習慣病の予防になる。エノキタケはキトグルカン(きのこキトサン)という成分が多く含まれ、摂取することにより体内のコレステロールや中性脂肪等を下げる傾向がある」と話す高崎健康福祉大学健康福祉学部健康栄養学科の江口文陽教授も、この「えのき氷」に注目しています。

信州きのこマイスターや中野市、JA中野市などの料理講座で「えのき氷」を紹介して以来、口コミで愛好者が増えています。今や北信州で大人気のこの「えのき氷」。阿藤さんは「この作り方がみんなに広まって、みんなが健康になってくれればいいと思っているのだよ」と微笑みます。さっそくご自宅のキッチンに立ち、直々に作り方を伝授してくれました。

体に良く効く えのき氷 の作り方

 材料 エノキタケ 300グラム(2袋分)
    水 400ミリリットル

※えのきはミキサーにかける前にお日様にしばらくあてるとビタミンD2が増えます。


1.エノキタケは石づき部分を切り落とし三分の一位にカットし、ミキサーにエノキ、水を入れて30秒ほどかけペースト状にする。動画を参照のこと。


2.鍋にかけ沸騰させる。煮立ったら弱火にして焦げないようにかき混ぜながら1時間ほど煮詰める。


3.このくらいまで煮詰まったら火から下ろし、冷まします。製氷皿やジッパー付きの袋かタッパーに入れて凍らせて完成です。※保存期間は約2ヶ月です。


えのき氷の使い方
汁物、煮物等調理の際入れるだけです。摂取量は1日3個が目安。カレー、味噌汁、煮物など、なににでもあいます。お茶やジュースにも入れても全く気になりません。保存方法は冷凍庫で。

阿藤さんは普段のお料理に、またお茶、ジュース等の飲み物にもこのえのき氷を入れています。また他にも、焼酎35℃にエノキタケ、白霊茸をいれ2ヶ月間熟成させたお酒もつくり毎晩晩酌を楽しみます。お陰で二日酔い知らずだとか。砂糖をいれていないのに琥珀色でなんとなくクリスタルな(?)いい味です。とてもキノコが入っているなんて想像がつきません。

「きのこを使っていろいろと試している。えのき氷はだしとしてなににでもあうからね。試した方から体調が良くなった、しわが伸びたといわれたときはビックリしたよ。血行が良くなるからかな? また、便通が良くなったといわれるのがうれしいね。みなさんも家で簡単にできるのでつくってみて」と太鼓判です。

簡単でお財布にも優しい「えのき氷」を、動画を参考にぜひお試しください!


あわせて読みたい:

あなたもマイコファジストになりませんか!

農畜産物の最新ニュース

一覧を見る

メールマガジンのお申込み

毎週1回、メルマガでアップデートのお知らせや楽しいニュースをお届けします。購読無料。

お申込みはこちら