JA長野県

毎週更新!

これを食べなくては信州のリンゴは語れない

akibaetreeplus.jpg
ひときわ鮮やかに目に飛び込む収穫間近なリンゴたち

ごらんください。たわわに実ったリンゴの樹です。まさしく実りの秋ではありませんか。これらの林檎たちは、「秋映(あきばえ)」という種類です。ひとつひとつがどっしりしています。実はこの「秋映」を食べてみなくては、信州のりんごを知ったとはいえないともいわれています。その理由を探るべく、秋映の産みの親である、中野市一本木地域の小田切知江(おたぎりともえ)さんのりんご園を訪ねました。

akibae.jpgこのリンゴの色は寒さが決める
秋映は「千秋」と「つがる」の交配品種で、現在りんごシーズン真ん中の中生種を代表する品種。その味は、糖度14〜15%、酸度0.4〜0.5%程度で、甘味が強く、酸味は中ぐらいで、果汁がきわめて多いとされます。まあ一度がぶりとかじっていただければよくわかります。さらに、完熟させると果色が暗紅色(ドス黒く)になるのが特徴でしょうか。

現在、秋映はいろいろな県でも作られています。暖かい地域では、寒い地域に比べ着色が劣りますから、秋映のように着色に優れた品種の栽培が奨励されているのです。同じ熟度で秋映を収穫すると、暖かい地域のものは着色が悪く、ふつうのリンゴのような赤い色に近くなるからです。しかし北信の中野市のような寒い地域や標高の高い土地で収穫された秋映は、十分な冷気が表面に当たるために完熟したときには黒っぽい色になります。

tomoesan.jpg100粒の種から歴史がはじまった
秋映の産みの親である、中野市一本木の小田切知江(おたぎりともえ)さんのお宅では現在、秋映・ふじ合わせ40aを息子さんと二人で栽培しています。

小田切さんの家は昔からの農家で、きのこや蚕など信州中野の農業を担ってきました。施設の老朽化が激しいことや冬に収入が減ることなどを考慮し、あるとききのこからりんご栽培へ乗り出しました。「当時、全くつくったことのないりんごへ品目を変えるのは一大決心だったんですよ」と知江さんは振り返る。

その、決心が秋映誕生の第一歩となりました。実は秋映をつくったのは、知江さんの旦那さんで3年前亡くなられた健男(たけお)さんです。人一倍努力家だった健男さんは昭和56年に「千秋」と「つがる」を始めて交配し、翌年には100粒の種をやっとの思いで完成させました。

育成を進めましたが病気には強いものの、霜に弱く、まったく実がならない年もあったそうで、気を抜けない日々が何年も続きました。それから、さらに研究を重ね約10年の歳月を経て、ようやく平成5年に種苗登録3411号として登録につなげたのです。

tomoesan2.jpg

秋に映(は)えるりんごたち
「秋映は色がつくのが多品種より早いのが特徴で、はじめは色がつくとすぐに収穫していました。しかし、木でもう20日ほど完熟させると色が一層見栄えよく、味も一段とおいしくなることがわかったときのことを強く覚えています」知江さんはそのように昔を振り返ります。

「秋に映(は)えるりんご」であることから秋映と名をつけたのも健男さんでした。「はじめ、高社山(こうしゃさん)のふもとので誕生したため、『高秋(こうしゅう)』と申請しましたが、先に他の商品で登録されていたため出来なかったんですよ」と知江さん。

りんご3兄弟への道
市場に初出荷したのは平成6年で、当時人気の高かった千秋などのりんごに比べると、色が黒かったため東京では相手にされなかったそうです。しかし、九州の市場へ運ぶとこれがなんととっても好評でした。

このようにして全国的には九州地方から秋映の名が知られるようになっていったのです。しかし、その間も関東各地で健男さんは試食会を行い続けて、着々と秋映の輪を広げていきました。

hatake2.jpg

また、秋映は生まれながらに表面にサビが多い品種で、そのことで健男さんは非常に悩んだそうです。しかしそれも、春の花つみの段階で早めに中心花だけにしてしまうことなどでサビ予防するなど、技術の向上と観察とを日ごろから怠りませんでした。

こうした努力と秋映の味が各地で認められ、現在では長野県では「りんご3兄弟(シナノゴールド・シナノスィート・秋映)」の愛称で産地化に取り組むまでにいたったのです。

自慢のリンゴたちをよろしくと
健男さんが亡くなって3年、収穫量は減っているものの、現在もなお知江さんが中心になって息子さんと秋映栽培を支えています。知江さんは「この収穫期の直前の時期に一番気をつかいます。平成16年には台風で大きな被害にあいました。今年は台風が来なければよいけど...」と話します。

moriawase.jpg

「でも、この収穫期、お父さん(健男さん)がつくった秋映をみるとうれしくなるんです。お父さんが残してくれた自慢のりんごをつくり続けたいんです」と明るい笑顔で話してくれました。また、知江さんは「全国の若い人にりんごを食べてもらいたい。秋映は酸味がほどよく、信州の若い人にも人気の品種です。オススメの食べ方は、アップルパイ! とってもおいしいのですよ」と秋映を知り尽くした人のオススメを教えてくれました。

今週から、いよいよりんごの中生種の出荷がはじまります。リンゴ好きにはたまらないこの季節。信州中野生まれの秋映を食べなくては、信州のりんごを知ることができませんよ。

indexarrow.gif JA中野市ウェブサイト
indexarrow.gif JAタウン 全農長野僕らはおいしい応援団「秋映」りんご

あわせて読みたい:

安曇野のリンゴはなぜおいしくできるのか?

信州!りんご三兄弟を覚えておいてください

信州で一番年寄りのリンゴの樹に会ってきた

季節到来!リンゴの食べ方の基本を復習する

農畜産物の最新ニュース

一覧を見る

メールマガジンのお申込み

毎週1回、メルマガでアップデートのお知らせや楽しいニュースをお届けします。購読無料。

お申込みはこちら