JA長野県
08 10 2008

10月には豊秋というリンゴを食べてほしい

houshu_apple.jpg

現在知られている世界のリンゴの種類は軽く7500をこえるといわれています。りんご王国長野県でも、街中のスーパーマーケットではなかなかお目にかかることのないたくさんの品種のりんごを作っています。今日紹介するのは長野県ならではの「豊秋(ほうしゅう)」というリンゴです。

地域限定オリジナルりんご
「豊秋」は、長野市に合併する旧豊野町時代から育ててきた地域限定オリジナルの中生品種で、大きさや見た目は「ふじ」とあまり変わりません。いわばふじの兄弟といえます。

hoshu_2.jpgJAながの豊野西共選所によると、今をさかのぼること16年ほど前、ふじに比べて1ヶ月近く早く色づいた枝変わりのりんごが、ある農家のりんご園で見つかりました。これを接木で増やし、そして各農家に配り、栽培が広がりました。甘みが多く、中生種としては日持ちをし、市場でも好評の品種です。

「豊秋」というの名前の由来ですが、「豊」はかつて長野県の北部の上水内郡にあり−−現在は長野市豊野地区となっている−−旧豊野町(とよのまち)の「豊」から、秋はリンゴのみのる季節の「秋」と、さらには当時の豊野町の町長の名前にちなんで名づけれました。

いつごろどこに行けば食べられる?
「豊秋」は、例年10月中旬まで出荷されていますが、数量が少ないことと、販売先が主に愛媛県や香川県など四国の市場に出荷されていることから、それ以外の地方にお住まいのみなさんはなかなか味わう機会の少ないりんごです。

今年も約2300箱(1箱10キロ)が出荷されるほか、同地区にあるJAながの豊野町支所西共選所(豊野町石)でも、また長野市内の農産物直売所「アグリながぬま」(長野市大字穂保[ほやす])においても、販売されています。

都会ではしばらく食べられません
西共選所の関係者に聞くと「(豊秋は)数量が少ないことから市場からは、毎年量を増やすよう要望されているのですが、色づきしにくいことや雨が多いと実割れしてしまうなど栽培しにくい点」があって、誰もが口にするまでにはまだ時間がかかりそうです。

今回機会があり、長野市豊野町で「豊秋」を生産している藤沢義一さん(74歳)にお話を聞くことができました。藤澤さんは同町内で1町6反ほどりんごを栽培しているりんご農家で、豊秋はわずかに5畝のみ栽培しています。

fujisawasan_hoshu.jpg

豊秋というリンゴについてたずねると「栽培が難しくスコアリング(実に栄養分がいきやすくする技術)や有機質を入れたりして工夫している」とずいぶん気を遣っている様子がうかがえます。

さわやかな甘みでおいしい
みなが口々に言うように、栽培しづらい品種ではあるのですが、当然良い面もあり、藤沢さんによれば「蜜ものりやすく、味もよい」ので、「ふじ」が恋しい人たちには、この時期おすすめの品種といえるでしょう。かじってみたところ、ジューシーさが口いっぱいに広がり、さわやかな甘味のあるおいしいりんごでした。

hoshu_3.jpg藤沢さんは言います。「消費者が好かれるものをこれからも作っていきたい。りんごは医者いらずといわれるくらいなのでみなさんにたくさん食べて欲しい」と。

実際、畑を見させていただきましたが、高接ぎと呼ばれる栽培技法により、同じ樹に数種類のりんごがなっているなど、消費者の嗜好にあわせた取り組みをされていることがよくわかります。

「医者いらず」とも言われるりんごをたくさん食べて、健康になりましょう。


問い合わせ先:

JAながの豊野西共選所
電話 026−257−2065
住所 〒389−1106
   長野県長野市豊野町石775−1
最寄り駅 JR信越本線 豊野駅
イベント情報 11月22日〜30日 ふじ祭

アグリながぬま(JAながの長沼農産物直売所)
電話 026−295−1093
住所 〒381−0003
   長野県長野市穂保274−1
最寄り駅 JR信越本線 三才駅
ウェブサイト


このエントリーのトラックバックURL:

http://www.iijan.or.jp/cgi-bin/mtja/mt-tb.cgi/6447

トラックバック

コメント

今朝友人からりんごが届きました
信州りんごの箱に入り 
ふじ 特秀 14 
と記載された箱に入ってきました
早速TELにてお礼
聞けば昨日信州に行ったので送った
いつも世話になりっぱなしだから
たぶん彼にしてみれば善い物を送ってくれたと思います
私は箱を開けて見たら”さんふじ”らしきもの
何個かに落としたであろう傷がまた何個かはカメムシ傷が
形の悪いもの2個(私これは気にしない)
これが特秀であろうか たぶんK1000円以上は払っているはず
傷はりんごの横のほうに明らかに詰める前に落としたらしき傷
あまりにもひどい 業者なら半数以上がジュースか等外品
去年もお祝いのお返しに戴いた信州りんごは全部チョイ傷
昨日送ってきたのは諏訪市湖南の くろねこヤマト までしかわかりません
クレームをどこに言っていいやら
出荷業者の名前くらいしっかり書いてください。
私は信州りんごの業者は卑劣で信頼したくなくなりました
スーパーで一箱買って送ったほうが安くてよい品物が届くのではないですか
こんなことをお宅に書くのはお門違いと思いつつ
りんご組合の皆様で話題にしていただければ幸甚です 

投稿者 中原靖雄 : 2008年11月25日 22:09

コメントありがとうございます。地元に住んでいる我々でも知らない品種がたくさんあります。わくわくしながらぜひ長野のりんごをたくさん食べてください。

投稿者 管理者 : 2008年10月14日 12:15

ほぼ四国限定に出荷されているリンゴなんてあったのですね。
さすが長野。いろんな品種があるんですねぇ・・・・。

投稿者 ぽんぽこ : 2008年10月08日 16:42

コメントする





名前、アドレスを登録しますか?