ホーム > 事業内容と活動 > 2/12 協同組合職員交流集会

事業内容と活動

2/12 協同組合職員交流集会

長野県協同組合連絡会は2月12日、JA長野県ビルで協同組合職員交流集会を開催しました。

 構成団体(中央会・各連合会・県生協連・県漁連・県森連・県労金・労協ながの)の若手職員を対象に、他の協同組合組織・事業・活動の理解を深めることを目的に開催され、48名が参加しました。

交流集会では『協同組合間連携~新たなビジネスモデルを考える~』と題してグループ討議が行われました。討議の中では、協同組合が集まって「協同組合タウン」を作り、体験施設で子供たちの学習活動に利用してもらう案や、災害時の連携について意見が出されました。

 参加者からは、「あまり接する機会のない他協同組合の職員と交流できてよかった。今後もこういった機会が増え、参加者も増えてほしい。」と話していました。